六義園の紅葉2020の見頃はいつ?車は混む?駐車場 はあるのか?

六義園は東京都内でも人気の紅葉スポットです。

数ある大名庭園の中でも、六義園(りくぎえん)は最も美しい「回遊式築山泉水庭園」で、江戸時代を代表する日本庭園として名勝に指定されています。

今年は新型コロナウィルスの影響で、ライトアップが中止となっていますし、事前の整理券予約システムによる入場制限を設けています。

今回は六義園の紅葉2020年の見頃や、アクセス、駐車場についてまとめてみました。

目次

要予約!11月11日(水)から12月13日(日)までの入園について

六義園では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、11月11日(水曜日)から12月13日(日曜日)まで整理券予約システムを導入して1日の入場者数を制限しています。

この期間は、事前にインターネットで整理券を取得してからでないと、入場は出来ないということですね。

整理券予約システムによる先着順で1日につき5,000名までが入場可能となっています。

インターネットでの申し込みが難しい方は、電話での申し込みも可能とのこと。

詳しくは、六義園の公式サイトをご覧ください。

六義園の紅葉2020の見頃はいつ?

例年、11月中旬から紅葉が始まり、11月下旬から12月上旬頃にピークを迎えます。

12月10日を過ぎると落葉が多くなるようです。

ライトアップ、本当に綺麗ですね。

今年はコロナの影響でライトアップは中止ですが、昼間の紅葉も綺麗ですよね。

アクセス・交通手段・駐車場は?

電車でのアクセス

JR山手線:駒込駅南口から徒歩7分
東京メトロ南北線:駒込駅2番出口から徒歩7分
都営地下鉄三田線:千石駅A3番出口から徒歩10分

車でのアクセス

六義園には専用の駐車場はありません

小さなお子様連れだったり、コロナのことを考えると車で行きたい方も多いかと思います。

六義園の近隣には、駐車場がたくさんありますが、収容台数が5台以下の駐車場も多いため、事前に予約してくほうがオススメです。

駐車場の予約は予約できる駐車場 タイムズのB

混雑状況

入園時のポイントは、駅から降りて一番近い染井門は大変混み長蛇の列となりますので、少し遠回りになりますが、正門の方が比較的スムーズには入れます。

今年はライトアップがないこと、事前に入場 者数を制限しているため、例年のように夕方になってから混みだすこともあまりないかもしれませんが、やはり人気の紅葉スポットなので、可能ならど平日に行かれた方が、ゆっくりと紅葉を堪能できるかと思います。

まとめ

六義園の見頃は、11月中旬から紅葉が始まり、11月下旬から12月上旬頃にピークを迎えます。

車は専用駐車場がないため、事前に予約するのがオススメです。

また、混雑を避けるためには、出来たら平日を。

今年はライトアップがないこと、事前の入場予約が必要なので、公式サイトをチェックし紅葉を楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる