仁くん、ありがとう。

yunika vision2019

すっかり放置してしまったブログ。。。

でも今回のあれこれを自分の気持ちを残しておきたくて書くことにしました。

2019年3月4日
残業が終わってスマホを開いた瞬間に「”THANK YOU”TOUR 2019」に関するお詫びのメール

え!仁くんに会えないの?

年度末がめちゃくちゃ忙しい私にとって4月に会えるのだけを楽しみに頑張っていたと言っても過言ではない。。。

だから、もう一気にテンションだだ下がりし、疲れが倍増。

頭真っ白なまま自宅に戻った気が。

子供達に「ママ元気ないね。大丈夫?」と聞かれたけど、「疲れてるのごめんね」と答え、事情を説明するパワーもなく、夕飯作って食べて。

仁くんの身体が心配なのはもちろんだけど、会えない寂しさがどうにもこうにもおさまりきれず。。。

すぐに仁くんからのツイッター

絶対見に来て欲しいの。

行くよ。もちろん、行くよ。

2019年3月9日
ユニカビジョンの大画面に流れる仁くんを見ていたら涙が出てきた。

こんなにもステージが似合う人はいないなって。

今、会えないのは寂しいけれど、またいつかこのステージ立ってもらうために、今はしっかりと休養することが必要なんだ。

会えないのは辛いけれど、仁くん本人が一番辛いだろうし、悔しいだろうし、

この日になってやっと気持ちが前向きになれた。

2019年3月11日
代替え案が発表された。

「JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film」
赤西仁の独立から5年間の軌跡を辿ったドキュメンタリーシネマの上映。
上映時間:約150分

【特典】
・物販会場での、グッズ等の購入に使用可能なギフトチケット4,000円分
・最新曲「But I Miss You」のマキシシングルCD
・Jin×gudetama ご当地メタルキーホルダー&ダイカットステッカー(各会場別デザイン)

え!!!

豪華すぎるでしょ?大丈夫?赤字にならない?

代替え案が発表される前も、行くは満々だったし、こんな時だからこそ、微力でも払い戻しだけは避けたかったし、お見舞い金払いたいし。

なんて思ってた自分を殴りたくなった。

だってさ、ギフトチケット4000円分?

ご当地メダルキーホルーダーにステッカーだって、本当は販売する予定だったのでは?

それにそれに、マキシシングルって!!!

嬉しいよ、もちろん嬉しいよ、仁くんの新曲を聴けるんだから。

でもさ、仁くんが創った音楽が無料なんて。

売るべきだよ、仁くん、お金払って買いたいって人、きっといっぱいいるよ。

あまりにもファン思いの代替え案に、泣きそうになった。

2019年3月13日
マキシシングルジャケ写公開

まさかの仁くんのレントゲン写真!

やっぱり只者ではない赤西仁って人は。

2019年3月15日
仁くんからの動画メッセージ

仁くん、ちょっと痩せた?

黒髪になった仁くん、髪を切った仁くん、もうね、ありえないくらかっこよかった。

丁寧にメッセージを伝えるんだけど、ところどころ噛み噛みのいつもの仁くん

「ごめ〜〜〜ん。みんなぁ。ごめんなさい」

。・゜・(ノД`)・゜・。

もうね、この瞬間涙腺が崩れた。

ってかあのお顔でこんなん言われたら許さない人なんていないよね、きっと。

「僕は元気です。だからあまり心配なさらずに」

ファンがみんな心配してるってこともちゃんとわかってる。

自分の言葉でこうやって気持ちをきちんと伝えてくれて、ファンを不安にさせなようにしてくれる。

仁くん、本当にありがとう。

この短い期間にいろいろと考えてくれて、きっとめちゃくちゃ忙しいよね。

嬉しいけど、あんまり無理しないでね。

上映会めちゃくちゃ楽しみにしています。

仁くんのこと好きになって本当によかった。

仁くんのファンになって幸せです。

仁くん、いつもありがとう。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる