東京から仙台へ遠征する人必見!東北新幹線を格安で乗る方法とは?

sasakama

仙台と言ったら、牛タンですよねっ、そして、牛タンと言ったら、利久。懐かしのカートゥンKAT-TUN(通称カツカツ)のロケをしていた場所は、利久の東口本店です。

そしてそして、仁くんファンなら思わず買ってしまう「笹JINJIN」ピリッと辛くて美味しいですよ。

さてさて、いよいよ明日は、仁くんのアルバム「Audio Fashion」発売日ですね。

もう、フラゲされている人もいるんでしょうねっ

原宿、渋谷では、アドトラも走っているようですし、アルバムの看板もいろいろな箇所に設置されているみたいですし、いよいよって感じです。

気づいたら、ライブも、もうすぐなんですね。

今年も暑いライブになりそうですね。

ライブに遠征される方も多いかと思いますので、昨年、東京から仙台に行った際のチケット予約方法をご紹介します。

目次

東京〜仙台 東北新幹線をお得に購入する方法

東京〜仙台へ移動できる手段としては、新幹線だと

「はやぶさ」「はやて」「こまち」「やまびこ」があります。

所用時間は、「はやぶさ」約1時間37分
「やまびこ」約2時間9分です。

東京〜仙台の東北新幹線では、自由席があるのは「やまびこ」だけです。

所要時間を見る限りでは、余裕で日帰りの出来る場所ですよね。

でも、せっかく仙台に行くのなら、ゆっくり観光もしたいし、美味しいものもたっくさん食べて帰ってきたいのなら、宿泊も魅力ですね。

宿泊派

新幹線のチケット、宿泊のホテルと別々に購入するとかなり高くなってしまいます。

なので、JR東日本が運営しているウェブサイト「えきねっと」にある「びゅう国内ツアー」がオススメです。
JRの往復券と宿泊プランがセットになっているので、お得に利用できますよ。

びゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと

他にも様々な旅行会社が新幹線+ホテル宿泊のパックツアーを用意しているので、いろいと検討してみるのもいいですね。

日帰り派

JR東日本が運営しているウェブサイト「えきねっと」の会員限定チケットを利用

「えきねっと」は、誰でも無料で会員登録ができます。

「えきねっとトクだ値」or「お先にトクだ値」を購入

「えきねっとトクだ値」とは、「乗車券+指定席特急券」がセットされた、えきねっと会員限定、列車・席数・区間限定、インターネット予約限定のきっぷです。

さらに乗車日13日前の午前1時40分までの申込みで通常の「えきねっとトクだ値」より、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」もあります!

デメリットとしては、列車が限定されていること。
席数も少ないので、早めに購入しないと、買いそびれてしまうことです。

「週末パス」を利用

「週末パス」とは、関東・南東北のJR東日本エリアが乗り放題の割引きっぷです。
乗り放題なのは普通列車だけで、新幹線に乗るには特急券が別途必要です。
※東海道新幹線には利用できません。
料金は大人8,730円(往復乗車券部分のみ)です。
ちなみに、小児2,560円(往復乗車券部分のみ)なので、お子様と遠征を考えている方にはお得ですよね。

メリットは、山手線などのJR近郊路線にも自由に乗れるので、新幹線以外のJR線にも乗る予定のある方には便利です。

注意事項としては、利用日前日までに購入が必要。
利用日当日には購入できませんので、お間違いなく。
※土日であってもGWやお盆なので除外日もあります。

「週末パス」の使い方

ちなみに私は、昨年、この「週末パス」を利用しました。
特急券の指定席は、1ヶ月前に予約し、「週末パス」をつけて行きましたよ。

新幹線の改札に入る時は、週末パスと新幹線特急券を同時に自動改札機に通します。改札を出る時も、週末パスと新幹線特急券を同時に自動改札機に通します。
この時、新幹線特急券は吸い込まれて出てきませんが、週末パスは出てきますので、取り忘れないようにしましょう。(←取り忘れて後ろの方に教えてもらいました笑)

会場の仙台サンプラザホールは、JR仙台駅東口より歩いて約13分なので、歩いても十分行ける距離ですが、JR仙石線仙台駅~榴ヶ岡駅下車(所要時間は約3分)すると、会場は目の前なので暑い夏、歩くの嫌だわ〜って人は電車での移動をオススメします。その際、この週末パスも利用できます。

まとめ

上記に案内したのは、2016年6月現在、私が調べた限りのものなので、もっと他にも安く行ける方法があるかもしれません。
チケットを予約、購入する際には、ご自身の判断にてお願いします。

余談ですが、東京から地方に遠征ともなると、運良く、仁くんと同じ新幹線、飛行機になる場合もあります。

そんな時、興奮してしまう気持ちは十分わかりますが、ぐっと抑えて大人な対応しましょうね。

つい数時間前まで、ライブに立っていた仁くんが、すぐそばにいたら、興奮するのも当たり前ですが、ステージを離れたら、芸能人である前に、一人の人間でもあります。

移動時間は、ゆっくり過ごしてもらいたいですし、ファンが迷惑な行動を取ってしまった場合、悪く言われるのは、仁くんです。

と、ちょっと上から目線ですみません。。。

楽しいツアーにしましょうね。

まずは、アルバムを早くフルで聴きたいです♫

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる