ナチュラルエレメンツのバランシングゲルがオールインワンゲルのイメージを覆した

balancinggel

株式会社スピカズさんのセミナーに参加させて頂き、私が思っていたオールインワンゲルのイメージが覆されちゃいました。

オールインワンの化粧品は、子供たちが小さかった頃、なかなかスキンケアに時間がとれなかった時に使ったことがあります。私の中では、単なる時短アイテムというか、言い方は悪いけれど、スキンケアの手抜きのようなイメージがあったんですよね。

それに、実際、使ってみて思ったのは、時短アイテムのつもりでいても、結局は、それ一つじゃ物足りなくて、オールインワンじゃないじゃん。みたいな、、、あまり良い印象がなかったので、それ以来は、あまり使うこともなかったんです。

でも、セミナーに参加させて頂き、開発、商品に対する想いなどを伺っていくうちに、オールインワンゲルって単なる時短アイテムってだけじゃないんだって思いました。

詳細▶︎オールインワンゲルなら【バランシングゲル】

目次

バランシングゲルの特徴

  • セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱと3種類のセラミドを配合
  • ヒアルロン酸の130%以上の保湿力を持つといわれる鮭由来のプロテオグリカンを配合
  • 肌自らがコラーゲンを生み出すための6種類の美容成分を配合

オールインワン化粧品の良さ

化粧品というのは、防腐剤などの、本来、肌に必要のない成分が配合されています。

化粧水、美容液、乳液、クリームなどなど、アイテム数を増やすことにより、肌に負担をかけてしまう場合もあります。

肌に、必要な成分だけ与える化粧品を作れば、アイテム数が減る。

それが、まさに、オールインワン化粧品の利点なんですね。

私、全く逆に思っていました。

化粧水、美容液、乳液、クリームなどを重ねることにより、肌にたっぷり栄養を与えてるって思っていたんです。もちろん、肌に潤いを与える成分も含まれているので、それが一概に間違いだとは思わないんですが、肌に負担をかける成分も与えているっていうのは、一理あるなと思いました。

なので、オールインワンゲルが単なる手抜きの時短アイテムって考え方は覆されました。

バランシングルは、石油系界面活性剤、アルコール、合成着色料、合成香料、シリコン、鉱物油など、肌に負担をかける成分は一切ふくまれていないので、敏感肌の方にも安心して使っていただけるとのことでした。

@コスメのオールインワン化粧品部門で一位を獲得

発売と同時に、@コスメのオールインワン化粧品部門で一位を獲得し、主に、30代、40代の方から支持を受けているそうです。

口コミを覗いてみると、

  • オールインワンって物足りないものが多いですが、これは一本で大丈夫。
  • オールインワンを使っていると、モロモロとカスのようなものが、出ることがあるけれど、これは絶対に出ない。
  • コスパがよく1本でまるまる3ヶ月持った。
  • 少しの量で、保湿が出来るので保湿力が高いゲルだと思った。

などなど、一位になったのも納得できるような高評価でした。

バランシングゲルのテクスチャー

balancinggel1

かなり固めのテクスチャーです。だからと言って、けっして伸びが悪いってことはないです。

一般的なオールインワンゲルはジャータイプなものが多いかと思いますが、バランシングゲルはポンプタイプなので使いやすいですね。

ジャータイプにしないのには、わけがあるそうです。ジャータイプは、開けるたびに、空気に触れるので、酸化しやすいんです。酸化を防ぐために、防腐剤をたくさんいれないといけないので、ジャータイプにしないで、ポンプタイプにしたそうです。

メーカー側からすると、ポンプタイプの方が製造費が高くついてしまうけれど、防腐剤を使いたくないので、ポンプタイプにしたというなんとも消費者目線で素敵だなと思いました。

と、なんだか良い点ばかり書いてしまいましたが、実際のとこ、今日は、テクスチャーを試し、セミナーでお話を伺ったってだけなので、実際、使ってみて、今度は、レビューしたいと思っています。

とりあえず、私の中で思っていたオールインワンゲルに対するイメージが覆されたのは事実です。



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる