赤西軍団って?

akanishigundan

相変わらず、何かって言うと赤西軍団という言葉を使いたがるマスコミ

本日は、本来の『赤西軍団』をご説明したいと思います。

目次

赤西軍団誕生の巻

むかし、むかし『裸の少年』と言うなんとも不思議なネーミングの番組がありました。

2001年4月7日から2009年9月26日までテレビ朝日系で放送されていた当時のジャニーズJr.がメインのバラエティ番組です。

2001年6月23日 第11回放送「新しいスポーツ特集」

これからブレイクするであろうスポーツを紹介するロケで、このロケに行ったメンバーが仁くんと田口くんと現A.B.C-Zの五関晃一くんです。

そして、この回で団長が赤西仁、団員1が田口淳之介、団員2が五関晃一という赤西軍団が結成されました。

点呼をとったところ、

田口淳之介「イチ」

五関晃一「ニッ」・・・・

「ショボ!軍団って2人しか(仁くん以外)いねぇ~のかよ!」と突っ込まれながらも無事に?赤西軍団が誕生したわけです。

赤西軍団 血の掟

赤西軍団には、なんと立派な「血の掟」までありました。

一.団員がボケた時は必ずツッコむべし
一.団員のギャグには手を叩いて笑うべし
一.風間、ハセジュンのギャグには笑わない
一.風呂を制するものは世界を制す
一.おやつは千円以内
一.団長には絶対服従

そして、ここで仁くんから名言が!

「服従ってナニ?」

昔からおバカで可愛かったんですね(←褒めてます)

まぁ、こんな可愛さ炸裂でスタートしたんです。

家庭で作る安くて美味しい料理を募集していたコーナーでは、この回は、ハンペンサンドが登場。
スタジオのみんなは普通の大きさのハンペンサンドでしたが、赤西軍団だけ一口サイズで、

「俺たちは不評な扱いを受けている!」

と、またまたおバカな発言!

「『不評』じゃねーよ!『不当』だろ!」

と、当然のごとく、総ツッコミされてました。

こんな感じでスタートした赤西軍団ですが、次の回2001年6月30日放送「下北沢を極める」では、助っ人として、ハセジュンと亮ちゃん(亮ちゃんは、レギュラーではなかったけれど、たまたまスタジオに遊びに来ていました)が赤西軍団に加わりました。

が、「アンゼリカ(下北沢のパン屋さん)のパンが食べたいから」という理由で、団長自ら解散宣言をし、あっけなく赤西軍団は解散となりました〜笑

以上が、可愛く愛らしい本来の赤西軍団です!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる